複数人で共同所有している家を売る時はどうしたらいい?

住宅物件を売却するのであれば、引っ越しの出費も加味する必要があるでしょう。
いまの時代、節税や夫婦共働きなどの関係で、住宅の名義を夫婦共有にするケースが珍しくなくなりました。
ただ、共同名義であるがゆえの不便さも忘れてはいけません。
複数人で共同所有している家を売る際は、登記簿に記載されている所有者すべての承諾が必須です。
離婚(事実婚の場合は同居解消)などの事情がある場合、名義人である夫婦の間で納得できる取り決めをしておかないと、不動産売却どころの話ではなく、揉め事になる危険性もあります。
債権者による抵当権がついていない土地家屋なら気にしなくても良いのですが、抵当権の由来である債務が残っている状態となると話は別です。
もともと抵当に入っている不動産というのは所有者の意図に関わらず売ることができません。
例外的に売却する方法としては、任意売却があげられます。
債務者は専門の業者に依頼し、金融機関との間を仲介してもらって不動産が売却できる状態にします。
債務の支払いが困難な際、競売を避けるためにとれる最良の方法でしょう。
不動産を売却する際は何にもまして、近隣同種の不動産価格を知っておくと良いでしょう。
仮に購入時の価格が高かったとしても、相場は時価ですから過去の額はアテになりません。
持てば値上がりするような時代もありましたが、中古市場はすでに供給過剰ぎみですから、思ったような価格で売れるとは限りません。
いまはいくら位の相場なのかをよく調べて、これなら比較検討してもらえるという価格に設定しましょう。
肝心の相場ですが、一括査定サイトで複数の不動産屋に提示してもらえば簡単にわかります。